フクシブログ

後見人の視点

こんにちは。

スター行政書士事務所の山田です。

このブログでは、私がこれまで20年以上高齢者福祉に関わってきた経験と介護職員向けの研修でお話してきたことなどをお伝えしたいと思います。

 

このブログが、少しでも介護の現場で頑張る皆様のお役に立てれば幸いです。

 

今日は「後見人の視点」について。

 

私は、現在成年後見人や保佐人、補助人として、十数名の方のご支援をしています。

「後見人」は、その名の通り、ご本人を後ろから見る人でなければならないと思います。

当然ですが、ご支援している方々は、生活歴、性格、家族構成、身体状況など人それぞれ。人によって、意向や困りごとは違っています。

これまで、20年以上、高齢者福祉の世界で仕事をし、500人以上の高齢者やそのご家族に関わってきた経験や知識から、つい過去の事例と同じように当てはめようとしてしまいます。

しかし、意向や困りごとは一見同じように見えても、実は人によって違うことも少なくありません。

つい、これまでの経験や知識から、上から引っ張り上げようとしたり、前から「私に付いてきて」と思うこともありますが、やはり基本的な視点は「後ろから見る」。

ご本人のペースに合わせる姿勢が大切だと思います。

 

主役はご本人。

これからも自分は後ろから付いていきます。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事

プロフィール

スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師。

詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る