任意後見、遺言書作成等の報酬額

当事務所の料金は、以下をご参考ください。

相談後、見積書を提示します。

〇相談料

初回相談(30分) 無料
2回目以降 5,500円/1時間

※業務の依頼があった場合は、2回目以降の相談料も無料になります。

〇財産管理委任契約・任意後見契約・死後事務委任契約業務の報酬規定

契約書作成

内容 報酬額(消費税込)
財産管理委任契約書作成 88,000円
任意後見契約書作成 88,000円
死後事務委任契約書作成 110,000円
尊厳死宣言公正証書作成 33,000円

※ 別途公証人手数料が必要になります。

財産管理委任契約・任意後見契約・死後事務委任契約の受任者となった場合

内容 報酬(消費税込)
委任事務を行った時間によります。 6,600円/1時間(移動を伴う事務は移動時間も含む) ※1
死後事務委任契約(葬儀埋葬等の事務、入院費・介護サービス利用料、公共料金などの支払い、家財道具の処分などを行い、財産を相続人へ財産を引き渡します。) 550,000円 ※2

※1 1カ月の報酬の上限は3万円です。

※2 別途葬儀費用、家財道具処分等の実費が必要になります。

○公正証書遺言の報酬規定

公正証書遺言の起案の報酬規定

内容 報酬(消費税込)
公正証書遺言の起案(ヒヤリング、相続人調査、財産調査、遺言書案の作成、公証人との打合せ) 110,000円
ご夫婦で同時に作成するの場合 165,000円

※ 別途公証役場への手数料、戸籍等の収集に必要な役所手数料、郵送費が必要になります。

※ 当事務所に証人の依頼があった場合には、1人あたり6,600円(税込)の日当が必要になります。

遺言執行費用

内容 報酬(消費税込)
ご本人がお亡くなりになった後、遺言の内容を実現します。 遺産総額の2%

(最低報酬額165,000円~)

プロフィール



スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師実績多数。

詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る