フクシブログ

1人暮らしの高齢者を支える任意後見契約

これまで任意後見受任者としてご支援してきました。

任意後見契約のご本人は、70~80歳台の方が多く、子どもがいない又はいても何らかの理由で子どもの関わりがないという方です。

どのようなときに1人暮らしの人の支援が必要なるのでしょうか?

実際に当所で行っている業務をお伝えします。

アパート・マンション探し

これまで生活していた住居を、引っ越さなければならないことがあります。

その場合、ご高齢者一人では、不動産業者に相談したり、アパートを借りる契約をすることが難しい場合があります。

そのような場合、ご本人と一緒に不動産業者に行って、家賃、交通の便、病院やスーパーの場所などを確認したり、契約に立ち会うこともあります。

また、アパートやマンションを借りる場合、貸主から緊急連絡先を求められることもあり、子や親族がいない場合には、任意後見受任者として、私の名前を届出ました。

入院手続き

病気やケガなどで入院が必要になった時は、病院で手続ををしなければなりません。

主に緊急連絡先として病院に届け出たり、本人に代わって入院費の支払いをします。

行政手続き

年金の手続や保険証の交付手続きなどを行います。

手続きの中で、戸籍や住民票が必要な場合は、本人を代理して取得することもあります。

保険手続き

保険内容を確認して、保険請求ができるようであれば、保険会社に連絡をして手続きを行います。

また、現在加入している保険が本当に必要な内容になっているのか、保険会社を交えて検討することもあります。

訪問業者の対応

任意後見契約では、本人が締結した契約を取消すことができません。

ご自宅に訪問業者が来て、不必要な契約を締結してしまわないように、ご本人には、訪問業者が来た場合には、当事務所に連絡をしてもらうように伝えます。

また、玄関に当事務所の電話番号を記載したものを見える位置に置き、契約の前に訪問業者から連絡をもらうようにしておきます。

金銭管理

通帳や印鑑(実印・銀行印)、キャッシュカード、通帳などの貴重品を保管します。

金融機関へ任意後見人(任意後見受任者)として届出をし、本人が金融機関へ行くことができないときに代わりに手続きができるようにします。

 

以上、お1人暮らしの方を支援する任意後見人の主な業務を見てきました。

最後まどお読みいただきありがとうござました。

関連記事

プロフィール


スター行政書士事務所 山田拓郎
【事業所理念】一人ひとりが輝ける社会の実現を目指します

福祉事業所設立支援/後見業務/研修事業

神奈川県相模原市

行政書士/介護福祉士/ケアマネージャー/認知症介護指導者(認知症介護研究・研修東京センター)/上級リスクマネージャー/パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピング基礎コース研修修了

詳しいプロフィールはこちら

最近の記事

ページ上部へ戻る