フクシブログ

【介護ブログ】高齢者を支援することは、高齢者から支援されているということ

こんにちは。

スター行政書士事務所の山田です。

 

このブログでは、私がこれまで20年以上高齢者福祉に関わってきた経験と介護職員向けの研修でお話してきたことなどをお伝えしたいと思います。

このブログが、少しでも介護の現場で頑張る皆様のお役に立てれば幸いです。

 

今日は「高齢者を支援することは、高齢者から支援されているということ」をテーマに書いていきます。

 

これまで、社会福祉法人や行政書士として20年以上、高齢者を支援してきました。

最近になって考えるのは、自分が高齢者を支援していると同じように自分も高齢者から支援されているということです。

 

例えば、経済的な支援。

特別養護老人ホームやグループホームで働いていたときの給料は、ご利用者がその事業所を利用してくれた利用料や介護報酬から出ていました。

行政書士として、高齢者の成年後見人としての報酬も高齢者からいただきます。

 

精神的な支援や人として成長するための支援もあると思います。

介護の仕事をしていたときには、仕事やプライベートで悩みがあるときには、入居者に聞いてもらうこともありました。

その当時は自分の話を聞いてくれるだけでも、精神的にとても負担が軽くなった思い出があります。

また、多くの高齢者と関わる中で、当然ですが、それまでの生き方は人それぞれ異なります。

「老いる」とは?

家族のあり方とは?

その人らしく生きるとは?

などなど、目の前の高齢者と関わることで、色々と考えるきっかけを与えてもらったと思います。

 

私の場合、つい「自分は支援する側の立場」だと思ってしまいます。

しかし、高齢者から支援されていることもたくさんある。

このことを意識しながら、高齢者に関する仕事を続けていきたいと思います。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

プロフィール

スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師。

詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る