フクシブログ

【新型コロナウイルス感染症】影響を受けた介護・障害事業所への融資

介護報酬計算

WAM(独立行政法人福祉医療機構)では、新型コロナウイルスによって事業停止などになった福祉・介護事業所を対象に無担保・無利子で融資を行っています。

WAM(独立行政法人福祉医療機構)~新型コロナウイルス感染症の影響を受けた福祉関係施設の皆さまへ~

以下、融資の内容を簡単にまとめてみました。

融資を受けることができる条件

新型コロナウイルスにより、一定の影響を受け事業の継続に支障がある事業者

【具体例】

  • 施設利用者や従業者の方が新型コロナウイルスに感染したため、やむなく営業を停止した場合
  • 施設利用者や従業者の方が新型コロナウイルスに感染したことに伴い、事業運営を縮小した場合
  • 新型コロナウイルス感染症防止のため、自治体などからの要請を受けて、休業した場合

対象の事業所

下の資料は、福祉医療機構2020年度福祉貸付事業融資のごあんないより抜粋したものです。

※詳細は福祉医療機構にお問い合わせください。

償還期間

10年以内(据置期間5年以内)

貸付利率(4月1日現在)

3,000万円まで無利子、3,000万円超過分は0.2%

限度額

なし(無担保貸付けの場合6,000万円)

以上です。

関連記事

プロフィール

スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師実績多数。

詳しいプロフィールはこちら

最近の記事

ページ上部へ戻る