フクシブログ

【介護ブログ】高齢者施設の新型コロナウイルスワクチン接種

こんにちは。

スター行政書士事務所の山田です。

このブログでは、私がこれまで20年以上高齢者福祉に関わってきた経験や介護保険制度の情報、福祉について考えていることなどをお伝えしたいと思います。

このブログが、少しでも介護の現場で頑張る皆様のお役に立てれば幸いです。

 

今日のテーマは「高齢者施設の新型コロナウイルスワクチン接種」について。

1月25日、厚生労働省は、高齢者施設の職員への新型コロナウイルスのワクチン接種について、一定条件を満たした場合、時期を3~4月にする方針を示しました。

新型コロナウイルスのワクチン接種の優先順位は、医療従事者、65歳以上の高齢者、持病のある人、高齢者施設の職員などとしています。

具体的な条件として、日常的に入所者の健康を管理する医師が確保され、職員同時に接種しても入所者の健康観察ができることを挙げ、その場合には、入所者と職員が一緒に接種できるとしています。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

プロフィール

スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師。

詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る