フクシブログ

2019年の介護事業所の倒産件数

東京商工リサーチによると、2019年に倒産した介護事業所の件数は111件でした。

これは、過去最高だった2017年と同じ件数です。

東京商工リサーチ2019年老人福祉・介護事業」倒産

中でも多いのが、「訪問介護」。

その数は58件となっています。

その次は、デイサービスを含めた「通所・短期入所生活介護」の32件。

有料老人ホームや特別養護老人ホームといった施設系の倒産もあり、それぞれ11件、3件となっています。

倒産の原因は、「事業の不振」、「事業上の失敗」といったことが挙げられています。

従業員の数が5人未満の事業所の倒産が67%となっており、小さい規模の事業所の倒産が多いですね。

小さい事業所の管理者の中には、

「人材募集をしても全く集まらないので、管理者自ら現場に入るしかない状況。そうすると、利用する人を増やすための営業が全くできない。」

と話す方もいます。

「介護事業は安定していると聞いたから。」

と安易な気持ちで事業所を開始すると、後で大変なことになります。

開業時には、しっかりとマーケティングし、開業した後は、ご利用者や働く人にとって魅力的な事業所を作らないと、厳しい状況になることは確実ですね。

関連記事

プロフィール

スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師実績多数。

詳しいプロフィールはこちら

最近の記事

ページ上部へ戻る