ブログ

【ソーシャルビジネス】NPO法人設立の流れ

NPO法人設立までの申請から登記までの流れは以下の通りです。

設立発起人会

まずは、法人の中心メンバー(発起人)が集まり、設立趣意書、定款、事業計画書、活動予算書などの原案を作成します。

設立総会

設立当初の社員が集まり、設立総会を開催し、法人設立の意思決定を行い、設立発起人会で作成した定款等について議決します。

設立認証申請書類の作成

役員の就任承諾書や宣誓書など申請に必要な正式書類を作成します。

NPO法人設立認証申請の必要書類一覧

提出書類名 概要
①設立認証申請書 各所轄庁の所定通りに作成
②定款 法人の目的、組織、業務執行等に関する基本規則を明文化したもの
③役員名簿 設立当初の役員(理事と監事)の氏名・住所又は居所並びに各役員について報酬の有無を記載した名簿
④就任承諾及び宣誓書の写し 役員が、役員になることと、NPO法の役員欠落事由(復権していない破産者や成年被後見人など)に該当しないこと、役員の親族等の排除の規定に違反していないことを承諾する書面
⑤役員の住所又は居所を証する書面 住民票の写し
⑥社員のうち10名以上の者の名簿 最低10名以上の社員の氏名、住所または居所を記載
⑦確認書 宗教・政治・選挙活動を目的とする団体及び暴力団、暴力団などの統制の下にある団体でないことを確認する書面
⑧設立趣意書 NPO法人化したい趣旨及び申請に至るまでの経過を記載した書面
⑨設立についての意思の決定を証する議事録の写し 設立総会の議事録の写し
⑩設立当初の事業年度及び翌事業年度の事業計画書 定款に定めた事業期間中に実施する事業の具体的計画書
⑪設立当初の事業年度及び翌事業年度の活動予算書 法人を運営し事業を行うための活動予算書

設立認証の申請

所轄庁へ設立認証申請書を提出します。

縦覧・審査

申請書類が受理された場合、1カ月間。一般に縦覧されます。そして、十ランド、2カ月以内に、所轄庁による審査が行われ、認証・不認証が決定されます。不認証の場合は、修正後、再申請して再度、縦覧と審査を受けなければなりません。

設立登記の申請

登記を申請した日がNPO法人の設立日となります。

主たる事務所の所在地での設立登記は、認証書到達後2週間以内に完了させます。

各種の届出書の提出

設立登記完了後、遅滞なく所轄庁に「設立登記完了届」と都道府県税事務所・市町村役場に「法人設立の届出」を行います。

 

関連記事

プロフィール

  
スター行政書士事務所 山田拓郎
【事業所理念】一人ひとりが輝ける社会の実現を目指します

福祉事業所設立支援/後見業務/研修講師

神奈川県相模原市

介護福祉士/ケアマネージャー/認知症介護指導者(認知症介護研究・研修東京センター)/上級リスクマネージャー/パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピング基礎コース研修修了

詳しいプロフィールはこちら

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る