ブログ

  1. 【認知症ケア】暴力がある人とのかかわり方

    「暴力はいけないこと」誰もが知っていることだと思います。では、なぜ認知症の人は、介護者に対して暴力を振るうことがあるのでしょうか。私も、介護職員をやっていた時には、何度も認知症の人に叩かれたり、引っ掻かれたりした経験があります。

    続きを読む
  2. 【ソーシャルビジネス起業】法人格の選択

    ソーシャルビジネスは個人や任意団体(法人格のない団体。団体として活動をしていても、権利義務の帰属主体となることができないため、構成員個人の名前で契約をしたり、財産を所有したりすることになります。)でも行うことができます。しかし、社会的に信用されるのは、個人や任意団体よりも法人です。

    続きを読む
  3. 【ソーシャルビジネス起業】NPO法人の設立要件

    ソーシャルビジネスとは、「地域課題の解決を目的として、収益を上げつつ、継続的に取り組む事業体のこと」をいいます。その事業体は、個人事業主、NPO法人、株式会社、一般社団法人など様々なものがあります。

    続きを読む
  4. 【認知症ケア】帰宅願望がある人とのかかわり方

    老人ホームやデイサービスで働く介護職員で、認知症の人の「家に帰ります。」という言葉に悩んでいる人はいませんか。一生懸命、ご利用者のためにと思って仕事をしていても、「家に帰りたい。」と言われると、さみしい気持ちになったり、そのかかわり方に困難さを感じたりする人もいるかもしれません。

    続きを読む
  5. 成年後見人と医療同意

    本来、手術などの医的侵襲行為は、患者本人の同意が必要になります。患者本人が自らが受ける医療について納得した上で同意することは、インフォームドコンセントの視点からも重要なことです。患者本人が同意をするためには、同意をする能力が必要です。

    続きを読む
  6. 任意後見監督人の職務や報酬について

    成年後見制度は、認知症や知的障がい、精神障がいなど精神上の障がいによって判断能力の衰えた人を保護するための制度です。

    続きを読む
  7. 【リスクマネジメント】老人ホームでの転倒事故 裁判例

    「特別養護老人ホームや老人保健施設で事故により死亡した利用者数、2017年は少なくとも1547人。」これは、2019年3月に厚生労働省が発表した数字です。

    続きを読む
  8. 浪費者や身体障がい者は成年後見制度の対象になるか?【相模原市の行政書士・ケアマネージャーが解説】

    成年後見制度とは、精神上の障害によって判断能力の低下した人を保護するための制度です。成年後見制度の対象は、主に認知症の人や、知的障がい者、精神障がい者になります。では、浪費者(金銭を無駄に使ってしまう人)や重度の身体障がい者は成年後見制度を利用することはできるでしょうか。

    続きを読む
  9. 任意後見契約の類型

    任意後見制度は、あらかじめ判断能力がある時に、信頼できる人と財産管理や福祉サービス契約締結など委任する事項を決めておき、判断能力が低下した段階で、家庭裁判所が任意後見監督人を選任することによって任意後見を開始する制度です。

    続きを読む
  10. 任意後見制度とは【相模原市の行政書士・ケアマネージャーが解説】

    高齢者福祉施設の職員として多くの人達のご相談を受けてきました。その中には「知人にお金を預けていたら、自分で使うお金がなくなっていた。」「家族が介護サービスを利用させてくれなった。」などといった内容の相談もありました。このようなトラブルは、事前に準備をしておけば防げます。

    続きを読む

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る