フクシブログ

  1. 任意後見契約で委任できないこと

    任意後見契約は、自分が認知症等により判断能力が低下することに備えて、あらかじめ他の人にやってもらいたいことを委任しておく契約です。任意後見契約で依頼することができることは、法律行為(契約)に限られ、事実行為(食事や入浴の介助など)は委任することができません。

    続きを読む
  2. 任意後見契約・死後事務委任契約の目的は?

    任意後見契約は、認知症などで判断能力が低下した場合における財産管理や身上監護(福祉サービスの契約締結など)を受任者に委任する契約です。また、死後事務委任契約は、本人がお亡くなりになった後のご葬儀や埋葬、遺品の整理などの事務を行うことを受任者に委任する契約です。

    続きを読む
  3. 相模原市認知症介護実践者研修の課題設定

    10月18日、認知症介護実践者研修自施設実習の課題設定がありました。山梨県甲府市から参加している受講生は、先週の台風の影響で電車で相模原まで来ることができず、車で4時間かけて来ました、と話していました。なんと、朝5時に家を出たそうです。

    続きを読む
  4. クローズアップ現代¨身体拘束¨について

    10月16日、NHKクローズアップ現代で放送されていた「徹底討論!それでも必要?一般病院の¨身体拘束¨を見ました。

    続きを読む
  5. 任意後見人の資格について

    任意後見人は、認知症などにより判断能力が低下した人の財産を管理や、介護サービス事業所との契約締結など、本人から事前に委任された事務を行います。任意後見人の資格について、法律上特に規定はありません。任意後見人を検討する際、考慮すべき内容について書いていきます。

    続きを読む
  6. 任意後見人の報酬

    任意後見人の職務任意後見人は、本人が認知症など精神上の障がいにより、判断能力が不十分な状況になった場合に、本人に代わって、現金や通帳の管理、ヘルパーや老人ホームとの契約締結、利用料の支払いなどを行います。任意後見人の報酬はどのように決まるのでしょうか。

    続きを読む
  7. 任意後見契約時の本人の判断能力

    契約締結能力任意後見契約は、本人に契約を締結する能力(判断能力)が必要になります。もし、認知症などにより、契約の内容を理解出来ない状態で締結した契約は無効となります。では、契約締結能力の有無はどのように判断するのでしょうか。

    続きを読む

よく読まれているフクシブログ

ページ上部へ戻る