フクシブログ

【介護ブログ】介護の仕事をする上で「特別なやさしさ」はいらない

こんにちは。

スター行政書士事務所の山田です。

このブログでは、私がこれまで20年以上高齢者福祉に関わってきた経験や介護保険制度の情報、福祉について考えていることなどをお伝えしたいと思います。

このブログが、少しでも介護の現場で頑張る皆様のお役に立てれば幸いです。

 

今日は、「介護の仕事をする上で『特別なやさしさ』はいらない」ということについて。

こんにちは。

スター行政書士事務所の山田です。

このブログでは、私がこれまで20年以上高齢者福祉に関わってきた経験や介護保険制度の情報、福祉について考えていることなどをお伝えしたいと思います。

このブログが、少しでも介護の現場で頑張る皆様のお役に立てれば幸いです。

「介護=やさしい人」というイメージがあるかもしれません。

しかし、社会一般的に求められている程度のやさしさがあれば、福祉の仕事はできます。

これまで約20年福祉に関する仕事をしてきましたが、自分が「ステキだな」と思う職員は、特別にやさしい、という人たちではありませんでした。

ただ、その人たちに共通しているのは、「良心に基づいて仕事をしている」ということです。

広辞苑によると、「良心」とは「何が善であり悪であるかを知らせ、善を命じ悪をしりぞける個人の道徳意識」とあります。

福祉の仕事をする上での、大切なマインド(意識)というべきでしょうか。

 

介護の仕事をするには、善と悪を判断する個人の道徳意識が大切です。

昨今、職員による高齢者や障がい者への、虐待報道を見ることを多くなりました。

確かに、介護の現場では、慢性的な人手不足で現場では大変な状況だと思います。

夜勤中は、長時間一人で20人以上のご利用者を対応しなければならない事業所もあり、肉体的にも精神的にも疲弊してしまうことも少なくありません。

 

また、事業所内には、虐待にまで至らない不適切なケアはないでしょうか。

同僚や先輩によるご利用者への不適切なケア。

見て見ぬふりをすれば、職場内で波風は立たないのかもしれません。

しかし、このままでいいの?と自問自答。

まさに個人の道徳意識です。

 

また、職員間でも同じことが言えます。

嫌いな職員を無視したり、聞こえるように悪口を言ったり。

これも個人の道徳意識でしょう。

 

このような介護の現場で抱える課題は、個人ですぐに改善できるものではないかもしれません。

しかし、福祉の現場は、一人ひとりの職員によって支えられています。

職員一人ひとりの「良心」によって支えられていると言ってもいいかもしれません。

 

私自身、特別養護老人ホームやグループホームで夜勤をしていたときに、精神的に大きな負担を感じたことは一度や二度ではなりません。

一歩違っていれば、新聞報道に出てしまうような事件を起こしていたかもしれません。

しかし、ギリギリのところでやってはいけないことを判断していたのは、どこかで道徳心があったからかもしれません。

介護現場で働く人が自分を犠牲にすることなく、良心に従い仕事ができることを真剣に考えていきたいと思います。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

プロフィール

スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師。

詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る