フクシブログ

【厚生労働省通知】令和2年度処遇改善加算・特定処遇改善加算 

厚生労働省は、処遇改善加算と特定処遇改善加算の計画書、実績報告書の様式を発表しました。

これまでは、それぞれの加算ごとに計画書と実績報告書を提出していましたが、今回から両加算を合わせて提出することができます。

また、介護分野の文書に係る負担軽減に関する取組として、

① 別紙様式は、原則として、都道府県等において変更を加えないこと。

② 計画書及び実績報告書の内容を証明する資料は、介護サービス事業者等が適切に保管していることを確認し、都道府県等からの求めがあった場合には速やかに提出することを要件として、届出時に全ての介護サービス事業者等から一律に添付を求めてはならないこと。

③ 別紙様式について押印は要しないこと。

としています。

提出期限は、4月15日までとなっています。

計画書、実績報告書や記入例はWAM NETからダウンロードできます

関連記事

プロフィール

スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師。

詳しいプロフィールはこちら

最近の記事

ページ上部へ戻る