フクシブログ

【令和元年】訪問介護単位数

介護報酬額計算

基本単位数

イ 身体介護が中心である場合

(1)所要時間20分未満の場合:166単位

(2)所要時間20分以上30分未満の場合:249単位

(3)所要時間30分以上1時間未満の場合:395単位

(4)所要時間1時間以上の場合:577単位に所要時間1時間から計算して所要時間30分を増すごとに83単位を加算した単位数

ロ 生活援助が中心である場合

(1)所要時間20分以上45分未満の場合:182単位

(2)所要時間45分以上の場合:224単位

ハ 通院等のための乗車又は乗車の介助が中心である場合

98単位

加算

時間外加算

夜間(18~22時)・早朝(6~8時):所定単位数×25/100

深夜(22~6時):所定単位数×50/100

特定事業所加算

(Ⅰ)所定単位数×20/100(体制要件+人材要件+重度対応要件)

(Ⅱ)所定単位数×10/100(体制要件+人材要件)

(Ⅲ)所定単位数×10/100(体制要件+重度対応要件)

(Ⅳ)所定単位数×5×100(体制要件+人材要件+重度対応要件)※(Ⅰ)~(Ⅲ)の要件を緩和

特別地域訪問介護加算

所定単位数×15/100

中山間地域等小規模事業所加算

所定単位数×10/100

中山間地域等居住者サービス提供加算

所定単位数×5/100

緊急時訪問介護加算

100単位/回

初回加算

200単位/月

生活機能向上連携加算

生活機能向上連携加算(Ⅰ):100単位/月

生活機能向上連携加算(Ⅱ):200単位/月

介護職員処遇改善加算

(Ⅰ)所定単位数×137/1000(キャリアパス要件Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ+職場環境等要件)

(Ⅱ)所定単位数×100/1000(キャリアパス要件Ⅰ・Ⅱ+職場環境等要件)

(Ⅲ)所定単位数×55×1000(キャリアパス要件ⅠまたはⅡ+職場環境等要件)

(Ⅳ)(Ⅲ)×90/100(キャリアパス要件Ⅰ・Ⅱ・職場環境等要件のいずれか)

(Ⅴ)(Ⅲ)×80/100(いずれの要件も満たさない)

介護職員等特定処遇改善加算

(Ⅰ)所定単位数×63/1000(介護福祉士の配置等要件+現行加算要件+職場環境等要件+見える化要件)

(Ⅱ)所定単位数×42/1000(現行加算要件+職場環境等要件+見える化要件)

地域別1単位の単価

1級地 2級地 3級地 4級地 5級地 6級地 7級地 8級地
11.40円 11.12円 11.05円 10.84円 10.70円 10.42円 10.21円 10.00円

介護報酬の算定方法はこちら

関連記事

プロフィール

スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師実績多数。

詳しいプロフィールはこちら

最近の記事

ページ上部へ戻る