フクシブログ

認知症のAさんとお正月

今日は、2021年1月1日。

認知症のAさんのお正月の出来事について書いてみたいと思います。

認知症のAさんは、特別養護老人ホームに入居して約5年。

今年は、ご家族が「今年の正月は親戚が集まるので自宅に連れて帰ろう。」とAさんを迎えに来て、自宅に連れて帰りました。

しかし、その数時間後にAさんのご家族から施設に電話が。

「母が『家に帰る!』と言って落ち着かない。何度も説得をしたけど、全然ダメです。申し訳ないけど、これから施設に戻っていいですか?」とのこと。

施設に入る前、長年過ごしていたAさんの自宅ですが、そこはAさんの『家』ではなくなっていたようです。

ホームとハウスは同じ『家』という意味ですが、ホームは、自分が住んでいる場所、安心できる場所、という意味もあるそうです。

特別養護老人ホームに入居してから、毎朝お茶を飲みながら新聞を読み、好きなふりかけをかけて食事をし、家を同じような生活を送る中で、Aさんにとって、いつの間にか特別養護老人ホームが『家』になっていたのでしょう。

ご家族はさみしい思いをしたかもしれませんが、特別養護老人ホームの職員の立場からすると、とてもやりがいを感じた出来事です。

関連記事

プロフィール

スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師。

詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る