アーカイブ:2020年 12月

  1. 【社会福祉法人設立】社会福祉事業・公益事業とは

    社会福祉事業社会福祉法人は、社会福祉法に基づく社会福祉事業を行うことを目的として、法の定めるところにより設立された法人をいいます(社会福祉法22条)。社会福祉法では、社会福祉事業を次のように定めています(社会福祉法2条)。

    続きを読む
  2. チームケアは大切だけど、チームと反対の意見も大切

    介護ではチームケアは大切だと言われます。しかし、このチームケア。「専門職」と言われる人たちが、利用者さんのケアを決定する。この状況では、利用者さんは反対の意思を持っていたとしても、なかなか、言い出せるものではありません。

    続きを読む
  3. 介護サービスが提供する価値とは?

    以前、特別養護老人ホームの職員さんから「私が働いている施設では、ご利用者の散歩は家族にお願いをしていて、職員は一切やりません」とお話を聞きました。

    続きを読む
  4. レビー小体型認知症のAさんの家を片付けて思ったこと

    先日、老人ホームに入居した被保佐人のAさん(85歳)の借りていたアパートの片付けに立ち会いました。そこは、Aさんが30年以上住んでいたアパート。Aさんは、物を大切にする人だったようで、家の中にはとてもたくさんの物がありました。片付け作業に来てくれた業者さんは3人。

    続きを読む
  5. 大切な人を忘れさせるのが認知症ケア?

    先日、私が後見人をしているAさんの担当ケアマネージャーから「Aさんがショートステイを利用している老人ホームの職員から、『Aさんが家族のことを思い出して泣いた時はどうしたらいいか?』と連絡があったので、そのときは、家族のことは分からない、と答え、Aさんの前では家族の話は一切しない、という対応で統一をお...

    続きを読む
  6. 介護事業所ではご利用者を「ちゃん付け」しないほうがいいと思う理由

    介護事業所のスタッフ中には、ご利用者のことを「○○ちゃん」とちゃん付けで呼ぶ人がいます。私は、基本的には「ちゃん付け」はしないほうがいいと思っています。

    続きを読む
  7. 【令和3年度介護報酬改定】介護医療院について

    【令和3年度介護報酬改定】厚生労働省の資料に基づき、令和3年4月の介護報酬改定(案)の内容をサービス種別毎に整理しました。全サービス共通事項及び介護医療院の主な改定内容は以下の通りです。

    続きを読む

プロフィール


スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師実績多数。

詳しいプロフィールはこちら

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去のフクシブログ

ページ上部へ戻る