フクシブログ

就労継続支援A型、B型の賃金・工賃

2018年度の障害者総合支援法に基づく就労継続支援A型・B型の月額平均賃金・工賃は、次のようになります。

2018年度 2017年度
就労継続支援A型 76,887円 74,085円
就労継続支援B型 16,118円 15,603円お

就労継続支援A型は、前年度比2,802円(3.8%)増、就労継続支援B型は、前年度比515円(3.3%)増となっています。

働く障害者の賃金・工賃がアップしたことは喜ばしいことですが、最低賃金との間では、まだまだ大きな開きがあります。

このような課題を解決するため、社会福祉法人の中には、障害者の賃金・工賃の向上に取り組んでいるところもあります。

茅ヶ崎の新名所「茅ヶ崎ベーカリー」

福祉事業に携わる人は、利用者が経済的に自立(自律)した生活を送ることができるよう支援しなければなりません。

「前例がない」「制度がない」などといったことに囚われず、一人ひとりの障害者が当たり前の暮らしができるように、課題を解決する姿勢が求められているのではないかと思います。

関連記事

プロフィール

スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師実績多数。

詳しいプロフィールはこちら

最近の記事

ページ上部へ戻る