アーカイブ:2020年 1月

  1. 相模原市認知症介護実践者研修

    本日、相模原市認知症介護実践者研修で、認知症の人の権利擁護についてお話をしてきました。「権利擁護」というと小難しい話になりそうですが、認知症ケアの現場で必要なことは、次の二点だと考えています。①認知症の人の代弁者となることまず一点目は、職員が認知症の人の代弁者になることです。

    続きを読む
  2. 平成30年度高齢者虐待防止法に基づく対応状況等に関する調査結果

    厚生労働省によると、平成30年度の要介護施設従事者等による高齢者虐待判断件数は、621件でした。平成30年度「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」に基づく対応状況等に関する調査結果下の図のように、虐待判断件数は毎年増加しています。

    続きを読む
  3. 介護福祉士国家試験 完全義務化を延長

    令和2年1月26日は、介護福祉士国家試験の日です。今日は、介護福祉士の試験について書いてみます。介護福祉士資格は、2022年度から大学や専門学校の「養成校ルート」に国家試験が義務付けられることになっており、現在は、5年間の経過措置中です。

    続きを読む
  4. 【障害福祉サービスの種類】療養介護とは?

    療養介護常に医療的ケアを必要とする障害のある方に対して、機能訓練や看護などの医療ケアと共に介護及び日常生活上の世話を行います。具体的には、ALS(筋萎縮性側索硬化症)や筋ジストロフィー患者、重症心身障碍者によって、長期の入院が必要である障害者のためのサービスです。

    続きを読む
  5. 2019年の介護事業所の倒産件数

    東京商工リサーチによると、2019年に倒産した介護事業所の件数は111件でした。これは、過去最高だった2017年と同じ件数です。東京商工リサーチ2019年老人福祉・介護事業」倒産中でも多いのが、「訪問介護」。その数は58件となっています。

    続きを読む
  6. 認知症の人のその人らしさとは?

    認知症のケアの現場では、「その人らしさを大切に。」といった言葉を聞くことがあります。では、認知症ケアにおける「その人らしさ」とは何でしょう。認知症の人の「その人らしさ」について書いてみます。

    続きを読む
  7. 【障害福祉サービスの種類】同行援護とは?

    同行援護移動に著しい困難を有する視覚障害のある方が外出する際、ご本人に同行し、移動に必要な情報の提供や、移動の援護、介護のほか、ご本人が外出する際に必要な援助を適切かつ効果的に行います。

    続きを読む

プロフィール


スター行政書士事務所 山田拓郎
【事業所理念】一人ひとりが輝ける社会の実現を目指します

福祉事業所設立支援/後見業務/研修事業

神奈川県相模原市

行政書士/介護福祉士/ケアマネージャー/認知症介護指導者(認知症介護研究・研修東京センター)/上級リスクマネージャー/パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピング基礎コース研修修了

詳しいプロフィールはこちら

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去のフクシブログ

ページ上部へ戻る