フクシブログ

【障害福祉サービス開設】放課後等デイサービスとは?

【障害福祉サービス開設】放課後等デイサービスとは?

学校通学中の障害児が、放課後の他、夏休み等の長期休暇を利用して、生活能力向上のための各種訓練を継続的に行います。

学校教育との相乗効果により、障害児の自立を促進するとともに、放課後等の居場所づくりを支援します。

対象者

放課後等デイサービスの対象になるのは、学校教育法に規定する学校(幼稚園、大学を除く)に就学している障害児です。

放課後等デイサービスを引き続き受ける必要があると認められる場合、満20歳になるまで、サービスを利用することができます。

サービスの内容

学校授業終了後や休業日に生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進など多様なメニューを設け、本人の希望を踏まえたサービスを提供します。

  • 自立した日常生活を営むために必要な訓練
  • 創作的活動、作業活動
  • 地域との交流の場を持つための機会を提供
  • 余暇の提供

本人が混乱しないよう、学校と放課後等デイサービスのサービスの一貫性に配慮しながら、学校との連携・協働による支援を行います。

学校と放課後等デイサービス事業所との間の送迎を行うこともあります。

関連記事

プロフィール

スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師。

詳しいプロフィールはこちら

最近の記事

ページ上部へ戻る