NPO法人設立

  1. 【障害福祉サービス開設】法人格の種類

    障害福祉サービスを開設するときには法人格が必要になります。では、どの法人を選択すればよいのでしょうか?それぞれの法人によって特徴がありますので、参考にしていただければ幸いです。営利法人・非営利法人法人は、大きく分けて営利法人と非営利法人に分けることができます。

    続きを読む
  2. NPO法人とは

    NPO法人とはNPO法人(Nonprofit Organization)とは、特定非営利活動促進法(NPO法)に基づき設立された法人です。NPO法第1条には、この法律の目的が明記されています。

    続きを読む
  3. 【NPO法人設立】NPO法人と任意団体との違い

    任意団体とは、法人格がない私的団体のことをいいます。例えばサークルや親睦団体などがこれにあたります。現在、任意団体として活動をしている人の中には、将来的にNPO法人を設立したいとお考えの方もいるのではないかと思います。

    続きを読む
  4. 【NPO法人設立】認証申請の必要書類は?

    NPO法人を設立するためには、設立発起人会、設立総会を開催後、申請書類を作成し、所轄庁に申請しなければなりません。設立認証申請に必要となる書類は、以下のとおりです。

    続きを読む
  5. 【NPO法人設立】ボランティア団体からNPO法人化するには?

    ボランティア団体は、法人格のない団体です。ボランティア団体は、団体として活動をしても、その団体の名前で契約などをすることができず、団体の構成員の個人名義で契約をすることになります。また、金融機関に団体の財産を預ける時も、その団体名で預けることはできず、個人名義となってしまいます。

    続きを読む
  6. 【NPO法人設立】設立までに必要な手続き

    NPO法人を設立するまでには、次の手続きが必要です。設立発起人会まずは、法人の中心メンバー(発起人)が集まり、設立趣意書、定款、事業計画書、活動予算書などの原案を作成します。

    続きを読む
  7. 【ソーシャルビジネス】法人格の選択

    ソーシャルビジネスは個人や任意団体(法人格のない団体。団体として活動をしていても、権利義務の帰属主体となることができないため、構成員個人の名前で契約をしたり、財産を所有したりすることになります。)でも行うことができます。しかし、個人や任意団体より法人の方が社会的信用度は高いと考えられます。

    続きを読む

プロフィール


スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師実績多数。

詳しいプロフィールはこちら

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

過去のフクシブログ

ページ上部へ戻る