認知症ケア

  1. 【相模原市認知症介護実践者研修】認知症の人のニーズを考える

    本日、相模原市認知症介護実践者研修自施設実習の課題設定が行われ、ファシリテーターとして参加しました。この科目では、認知症の人のアセスメントを通じて課題を抽出します。本日、ある受講生さんとお話した内容を書いていきます。事例は、有料老人ホームに入居しているAさん。

    続きを読む
  2. 相模原市認知症介護実践者研修:アセスメントとケアの実践の基本

    本日は、相模原市認知症介護実践者研修 アセスメントとケアの実践の基本でお話をしてきました。この単元では、入浴を拒否する認知症の方の事例を検討します。参加している方の多くは、事例を見た時にすぐに対応方法を考えます。

    続きを読む
  3. 【認知症ケア】介護の現場で悩んでいること

    認知症ケアに関連した介護現場の悩みには、 介護拒否 帰宅願望 不眠などのBPSDの対応があるのではないでしょうか。残念ながら、このような認知症の人のBPSDをすぐに軽減する魔法のケアはありません。

    続きを読む
  4. 認知症の人の「不穏」について考えてみました

    認知症ケアの現場では、「不穏」という言葉を耳にすることがあります。「不穏」の使い方として、「Aさんは昨晩不穏で不眠だった」「Bさんはオムツ交換時に不穏になり叩かれた」「Cさんは不穏で日中ずっと徘徊していた」など。

    続きを読む
  5. 相模原市認知症介護実践者研修

    本日、相模原市認知症介護実践者研修で、認知症の人の権利擁護についてお話をしてきました。「権利擁護」というと小難しい話になりそうですが、認知症ケアの現場で必要なことは、次の二点だと考えています。①認知症の人の代弁者となることまず一点目は、職員が認知症の人の代弁者になることです。

    続きを読む
  6. 認知症の人のその人らしさとは?

    認知症のケアの現場では、「その人らしさを大切に。」といった言葉を聞くことがあります。では、認知症ケアにおける「その人らしさ」とは何でしょう。認知症の人の「その人らしさ」について書いてみます。

    続きを読む
  7. 【パーソン・センタード・ケア】認知症の「人」を理解する

    皆さんの事業所では、歩行が不安定にもかかわらず、車いすから一人で立ち上がる認知症の人をどのような方法で介護しているでしょうか。

    続きを読む

プロフィール


スター行政書士事務所 山田拓郎
【事業所理念】一人ひとりが輝ける社会の実現を目指します

福祉事業所設立支援/後見業務/研修事業

神奈川県相模原市

行政書士/介護福祉士/ケアマネージャー/認知症介護指導者(認知症介護研究・研修東京センター)/上級リスクマネージャー/パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピング基礎コース研修修了

詳しいプロフィールはこちら

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

過去のフクシブログ

ページ上部へ戻る