認知症介護

  1. 【認知症ケア】認知症の人の対応で大切なこと

    「家に帰る」と言っているご利用者に対して、ウソをついて落ち着いてもらう。入浴の拒否があるご利用者の服を無理やり脱がして、入浴してもらう。これは、私が特別養護老人ホームで介護職員をやっていたときの、認知症の人への対応です。

    続きを読む
  2. 【認知症ケア】暴力がある人とのかかわり方

    「暴力はいけないこと」誰もが知っていることだと思います。では、なぜ認知症の人は、介護者に対して暴力を振るうことがあるのでしょうか。私も、介護職員をやっていた時には、何度も認知症の人に叩かれたり、引っ掻かれたりした経験があります。

    続きを読む
  3. 【認知症ケア】帰宅願望がある人とのかかわり方

    老人ホームやデイサービスで働く介護職員で、認知症の人の「家に帰ります。」という言葉に悩んでいる人はいませんか。一生懸命、ご利用者のためにと思って仕事をしていても、「家に帰りたい。」と言われると、さみしい気持ちになったり、そのかかわり方に困難さを感じたりする人もいるかもしれません。

    続きを読む
  4. 【認知症ケア】パーソンセンタードケア【オールドカルチャーからニューカルチャーへ】

    特別養護老人ホームや認知症高齢者グループホームで働く職員であれば、パーソン・センタード・ケアと言う言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。近年は、このパーソン・センタード・ケアの考え方が、認知症ケアの理念と言われています。

    続きを読む
  5. 【子どもがいない人向け】認知症になったら?【相模原市の介護サービス・財産管理を簡単に解説】

    私は、現在行政書士を仕事にしていますが、その前は、特別養護老人ホームの生活相談員やケアマネージャーとして、ご高齢者に関する相談を受けてきました。ここでは「子どもがいない人が認知症になったら」ということを書いていきます。

    続きを読む
  6. 【認知症の症状】アルツハイマー型認知症

    認知症の中で最も多いとされているアルツハイマー型認知症。認知症の人の中で、4割以上の人がアルツハイマー型認知症と言われています。今回はアルツハイマー型認知症の症状について書いていきます。記憶障害アルツハイマー型認知症の症状では記録障害が挙げられます。

    続きを読む
  7. 1人暮らしの人が認知症になったら?【相模原市の介護サービスのことを簡単に解説】

    「自分が認知症になった場合どうしたらいいか。」年を取ればだれもが考えることかもしれません。現在、認知症を根本的に治療する薬はありません。ですので、自分が認知症になった時にどのようにして日々の生活を送るのか、少しでもイメージしておくことは大切だと思います。

    続きを読む
  8. 【認知症の種類】レビー小体型認知症

    レビー小体型認知症は、レビー小体という物質が大脳皮質にたまり認知機能の低下をもたらします。レビー小体とは、脳の神経細胞にできる、異常なタンパク質の塊をいいます。レビー小体ができる原因は分かっていません。

    続きを読む
  9. 【認知症の種類】脳血管性認知症

    血管性認知症は、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血といった脳血管障害が原因で起こり、60歳代からの男性に多い認知症です。脳梗塞の場合は、自覚症状のない小さな梗塞が多発した場合にも起こることがあります。

    続きを読む
  10. 【認知症の種類】前頭側頭型認知症

    前頭側頭型認知症は、脳の前頭葉や側頭葉が萎縮することで起こるタイプの認知症で、アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症、レビー小体型認知症と共に4大認知症のひとつとされています。

    続きを読む
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

ページ上部へ戻る