任意後見

  1. 任意後見契約は必ず公正証書で結びます。

    任意後見制度とは任意後見制度とは、認知症などにより判断能力が不十分な状況になった場合に備えて、あらかじめ契約を締結した任意後見人に、自分の生活維持や療養看護、財産管理のために必要な事務などを代わってしてもらうための制度です。

    続きを読む
  2. 【高齢者の一人暮らし】緊急連絡先について

    病院に入院するときや、老人ホームに入居するときに緊急連絡先や身元保証人が必要になる場合があります。では、一人暮らしの高齢者の場合、誰に緊急連絡先を頼んだら良いのでしょうか。近所の人にお願いできますか?以前、入院時の緊急連絡先を「近所の仲の良い人がやってくれる」という方がいました。

    続きを読む
  3. 一人暮らしの高齢者の生活をサポートするのは?

    一人暮らしの高齢者の中には、健康や介護のことなど不安に思っている人も多いのではないかと思います。この記事では、地域の中で1人暮らしの高齢者をサポートする人たちについてお伝えします。1人暮らしの高齢者のお役に立つことができたら幸いです。

    続きを読む
  4. 1人暮らし高齢者が不安に感じていること

    内閣府の「平成26年度一人暮らし高齢者に関する意識調査結果」によると、1人暮らしの高齢者は、「健康や病気のこと」58.9%「寝たきりや身体が不自由になり介護が必要な状態になること」(42.6%)、を不安に感じている人が多いことがわかります。

    続きを読む
  5. 任意後見契約はやめられるの?

    任意後見契約は、将来、認知症などで判断能力が低下した場合に備えて結ぶ契約です。では、一度結んだ任意後見契約をやめることはできのでしょうか?任意後見契約に関する法律では、任意後見監督人が選任される前と後で分けて規定しています。以下、説明します。

    続きを読む
  6. 1人暮らしの高齢者を支える任意後見契約

    これまで任意後見受任者としてご支援してきました。任意後見契約のご本人は、70~80歳台の方が多く、子どもがいない又はいても何らかの理由で子どもの関わりがないという方です。どのようなときに1人暮らしの人の支援が必要なるのでしょうか?実際に当所で行っている業務をお伝えします。

    続きを読む
  7. 【任意後見】老人ホームの身元保証人

    老人ホームなどの施設に入居するときには、身元保証人を求められることがあります。この「身元保証人」ですが、法律上の定義はなく、施設よって「身元引受人」などと記載があるかもしれません。

    続きを読む

プロフィール


スター行政書士事務所 山田拓郎
【事業所理念】一人ひとりが輝ける社会の実現を目指します

福祉事業所設立支援/後見業務/研修事業

神奈川県相模原市

行政書士/介護福祉士/ケアマネージャー/認知症介護指導者(認知症介護研究・研修東京センター)/上級リスクマネージャー/パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピング基礎コース研修修了

詳しいプロフィールはこちら

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

過去のフクシブログ

ページ上部へ戻る