法定後見

  1. 成年後見制度について

    成年後見制度の基本理念成年後見制度は、高齢社会への対応と知的障がい者・精神障がい者の福祉の充実の観点から「自己決定の尊重」、「残存機能の活用」、「ノーマライゼーション」の3つを基本理念としています。

    続きを読む
  2. 「民事訴訟管理センター」にはご注意を。

    本日、成年後見制度の相談をしている方からお電話が。「山田さん、民事訴訟管理センターというところから郵便が来ているんですが、どうしたらいいですか?」とのこと。インターネットで調べたところ、すぐに国民生活センターや警察署などのサイトに「無視してください。

    続きを読む
  3. 在宅で1人暮らしをするレビー小体型認知症の人

    後見人として関わっている人の中に、一人で在宅生活をしているAさん(女性)がいます。金銭・服薬管理、保険や介護サービスなどの契約には一部支援が必要ですが、それ以外はすべて自立しています。現在、要介護1の認定は出ていますが、介護サービスは何も使っていません。

    続きを読む
  4. 任意後見から法定後見に移行できるの?

    任意後見を利用している人が法定後見へと移行することができるでしょうか。任意後見契約に関する法律に定めがあります。任意後見契約が登記されている場合には、家庭裁判所は、本人の利益のため特に必要があると認めるときに限り、後見開始の審判をすることができる。

    続きを読む
  5. 後見人としての仕事

    昨日、パラリンピック陸上に挑戦する視覚障害のある選手と隣でガイドをする伴走者の番組を放送していました。選手と伴走者は、お互いが10cmのヒモを握り走ります。伴走者は、視覚障害のある選手が全力を出し、安全にゴールできるように、「段差があるよ。」「もっと右だよ。」などと伝えます。

    続きを読む
  6. 成年後見人と医療同意

    本来、手術などの医的侵襲行為は、患者本人の同意が必要になります。患者本人が自らが受ける医療について納得した上で同意することは、インフォームドコンセントの視点からも重要なことです。患者本人が同意をするためには、同意をする能力が必要です。

    続きを読む
  7. 浪費者や身体障がい者は成年後見制度の対象になるか?【相模原市の行政書士・ケアマネージャーが解説】

    成年後見制度とは、精神上の障害によって判断能力の低下した人を保護するための制度です。成年後見制度の対象は、主に認知症の人や、知的障がい者、精神障がい者になります。では、浪費者(金銭を無駄に使ってしまう人)や重度の身体障がい者は成年後見制度を利用することはできるでしょうか。

    続きを読む

プロフィール


スター行政書士事務所 山田拓郎
【事業所理念】一人ひとりが輝ける社会の実現を目指します

福祉事業所設立支援/後見業務/研修事業

神奈川県相模原市

行政書士/介護福祉士/ケアマネージャー/認知症介護指導者(認知症介護研究・研修東京センター)/上級リスクマネージャー/パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピング基礎コース研修修了

詳しいプロフィールはこちら

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

過去のフクシブログ

ページ上部へ戻る