高齢者虐待防止・身体拘束

  1. 【高齢者虐待防止研修】介護施設で必要な取り組み

    特養での高齢者虐待防止研修本日、特別養護老人ホームに訪問し、スタッフを対象に高齢者虐待防止についてお話をしてきました。このように介護事業所のスタッフを前にお話するとき、いつも考えていることがあります。

    続きを読む
  2. 【高齢者虐待】津久井やまゆり園事件の裁判から考える

    現在、相模原の障害者施設津久井やまゆり園で起こった事件の裁判が行われています。やまゆり園事件は、障害者施設で起こったものですが、高齢者施設においても考えるべきことがあるのではないかと思い、書いてみます。

    続きを読む
  3. 【高齢者虐待防止研修】利用者の声を聞こう

    ご本人はサービス担当者会議に参加していますか?本日、特別養護老人ホームの虐待防止研修で話をしてきました。2時間の研修を終えて、施設ケアマネさんから「これまでご本人は、サービス担当者会議に参加していませんでした。」とお話がありました。

    続きを読む
  4. 【高齢者虐待防止】虐待報道による影響を考える

    先日、特別養護老人ホームの職員による虐待の報道がありました。介護士が施設で老人投げる 伊勢、容疑の女逮捕 中日新聞より最近、施設職員による高齢者虐待の報道が増えていると感じるのは私だけでしょうか。今回は、虐待報道によってどのような影響があるのか考えてみたいと思います。

    続きを読む
  5. 【高齢者虐待防止】認知症の人の言動にイライラしたときは?

    福祉施設で働いていてイライラしたり、カッとしたりすることはないですか?私は、どちらかというと気が長い方だと思いますが、特別養護老人ホームで仕事をしているときは、ご利用者の言動に何度かイライラすることもありました。

    続きを読む
  6. 相模原市認知症介護実践者研修

    本日、相模原市認知症介護実践者研修で、認知症の人の権利擁護についてお話をしてきました。「権利擁護」というと小難しい話になりそうですが、認知症ケアの現場で必要なことは、次の二点だと考えています。①認知症の人の代弁者となることまず一点目は、職員が認知症の人の代弁者になることです。

    続きを読む
  7. 【高齢者虐待防止】事業所のケアを振り返る大切さ

    【高齢者虐待防止】事業所のケアを振り返る大切さ本日、ある社会福祉法人の高齢事業の職員向けに高齢者虐待防止についてお話をしてきました。介護職向けに虐待防止のお話をするときは、法令で定められている虐待、身体拘束の定義などをお伝えした後、必ず、事業所のケアを振り返ってもらっています。

    続きを読む

プロフィール


スター行政書士事務所 山田拓郎
1999年に社会福祉法人に入社し、特別養護老人ホームの介護職・生活相談員・ケアマネージャー、グループホーム管理者として勤務。

「一人ひとりが輝ける社会の実現を目指す」をミッションにスター行政書士事務所を開業。現在は、福祉事業所の開業支援や任意後見人として活動している。認知症ケア・虐待防止研修等の講師実績多数。

詳しいプロフィールはこちら

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去のフクシブログ

ページ上部へ戻る