成年後見制度

  1. 成年後見人と医療同意

    本来、手術などの医的侵襲行為は、患者本人の同意が必要になります。患者本人が自らが受ける医療について納得した上で同意することは、インフォームドコンセントの視点からも重要なことです。患者本人が同意をするためには、同意をする能力が必要です。

    続きを読む
  2. 任意後見監督人の職務や報酬について

    成年後見制度は、認知症や知的障がい、精神障がいなど精神上の障がいによって判断能力の衰えた人を保護するための制度です。

    続きを読む
  3. 浪費者や身体障がい者は成年後見制度の対象になるか?【相模原市の行政書士・ケアマネージャーが解説】

    成年後見制度とは、精神上の障害によって判断能力の低下した人を保護するための制度です。成年後見制度の対象は、主に認知症の人や、知的障がい者、精神障がい者になります。では、浪費者(金銭を無駄に使ってしまう人)や重度の身体障がい者は成年後見制度を利用することはできるでしょうか。

    続きを読む
  4. 任意後見契約の類型

    任意後見制度は、あらかじめ判断能力がある時に、信頼できる人と財産管理や福祉サービス契約締結など委任する事項を決めておき、判断能力が低下した段階で、家庭裁判所が任意後見監督人を選任することによって任意後見を開始する制度です。

    続きを読む
  5. 任意後見制度とは【相模原市の行政書士・ケアマネージャーが解説】

    高齢者福祉施設の職員として多くの人達のご相談を受けてきました。その中には「知人にお金を預けていたら、自分で使うお金がなくなっていた。」「家族が介護サービスを利用させてくれなった。」などといった内容の相談もありました。このようなトラブルは、事前に準備をしておけば防げます。

    続きを読む
  6. 尊厳死宣言書とは 

    ご高齢者の中には、飲み込む機能が低下して、うまく飲み込むことができず誤嚥性肺炎になる方がいます。この場合、口から食べ物や飲み物を摂ることが難しくなるため、生命維持のために「胃ろうを増設する」という選択があります。胃ろうとは、胃から直接栄養を摂る方法です。

    続きを読む
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

ページ上部へ戻る